沿革


昭和33(1958)年 4月 日本学術会議第26回総会において、「数理科学研究所の設立」を決議
昭和38(1963)年 4月 「数理解析に関する総合研究」を目的とする全国共同利用研究所として
京都大学に数理解析研究所附置設立、
初年度2研究部門(基礎数学第一研究部門、作用素論研究部門)設置

昭和39(1964)年 4月 2研究部門(基礎数学第二研究部門、応用解析第一研究部門)設置
昭和40(1965)年 4月 2研究部門(非線型問題研究部門、応用解析第二研究部門)設置
昭和41(1966)年 4月 2研究部門(近似理論研究部門、数値解析研究部門)設置
昭和42(1967)年 4月 1研究部門(計算機構研究部門)設置、9研究部門完成
昭和46(1971)年 4月 附属数理応用プログラミング施設設置
昭和50(1975)年 4月 京都大学大学院理学研究科に「数理解析専攻」(独立専攻) 設置
昭和53(1978)年 4月 大域解析学研究部門設置
昭和55(1980)年 4月 数理解析研究部門(外国人客員)設置
昭和59(1984)年 4月 代数解析研究部門設置(時限10年)
平成元(1989)年 5月 数理物理学研究部門設置(時限10年)
平成 4(1992)年 4月 代数多様体論研究部門設置(時限10年)
平成 6(1994)年 4月 京都大学大学院理学研究科の改組により「数学・数理解析専攻」設置、
「数理解析専攻」(独立専攻)は「数理解析系」となる

平成 6(1994)年 6月 代数解析学研究部門設置(時限10年)(代数解析研究部門の廃止・転換)
平成 7(1995)年 4月 応用数理研究部門(外国人客員)設置(時限10年)
平成11(1999)年 4月 改組により3大研究部門(基礎数理研究部門、無限解析研究部門、
応用数理研究部門)1附属施設(附属数理応用プログラミング施設)となる

平成16(2004)年 4月 附属数理応用プログラミング施設は附属計算機構研究施設として整備
平成18(2006)年 4月 数理解析研究所数理解析先端研究センター設置
平成19(2007)年10月 伊藤清博士ガウス賞受賞記念(野村グループ)
数理解析寄附研究部門設置(3年間)

平成22(2010)年 4月 数学・数理科学の先端的共同利用・共同研究拠点として認定(6年間)
平成24(2012)年 4月 数理解析研究所量子幾何学センター設置(所内措置) 数理解析先端研究センターを数理解析研究交流センターに名称変更
平成25(2013)年 5月 数理解析研究所数学連携センター設置(所内措置)
p