全学共通科目「線形代数学続論」のページ 

月曜2限,1共31(吉田南キャンパス)
教科書(参考書):特に指定しない.
担当:清水達郎(京都大学数理解析研究所)

連絡先:shimizu-at-kurims.kyoto-u.ac.jp(-at-は@に置き換えてください)



自習用に,京大が公開しているビデオ教材も活用してください:
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/ilas/01

新着情報(7月24日現在):

連絡事項:

成績評価:

講義内容・到達目標

*「(主張を)理解する」…論理を追い,主張が正しいことを確認すること.「納得」とは違い,例えばその証明を何も見ないで再現できる必要はない.
*「(主張を)納得する」…その主張が”正しいそうである”と思える.そのためには主張をかみ砕いて自身の数学的直観が届く範囲に持ってくる必要がある. あるいは勉強や思考を通して自身の直観を高める必要がある. 簡単な例や極端な例を通して論理を追ったり,図形や絵を援用するのが良いと思います.主張の条件を少し緩めてみたり,簡単な場合でもいいので別証明を考えてみるのもよいと思います.
連絡先
清水達郎(シミズタツロウ)
京都大学数理解析研究所 特定助教/特任助教
shimizu-at-kurims.kyoto-u.ac.jp
京都大学吉田キャンパス総合研究2号館473研究室
〒606−8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学数理解析研究所
↑top