Conference

研究の背景・目的

代数幾何学はそれ自身の中で多くの固有の方法や問題をもっているが,他の分野への応用にも目覚ましいものがあって,それは現在も続いている.応用のされ方の一例としてモジュライに関するもの(例えば,分担者・中島の箙多様体)が多いが,近年は自己写像に関連するものも増えてきている.特に,複素力学系における隣接分野では,自己同型のエントロピーやクレモナ群の研究において代数幾何学へのフィードバックを与える結果が得られている. 本研究は,代数多様体とモジュライという伝統的な問題群に対して,自己写像の観点を取り入れることによって, また,複素力学系や幾何学的表現論等における隣接分野との問題意識や研究手法の共有をはかることによって、研究のさらなる発展を目指すものである.


研究代表者

向井 茂(京都大学数理解析研究所)

研究分担者

小木曽啓示(大阪大学)
宍倉光広(京都大学)
中島 啓(京都大学数理解析研究所)
森脇 淳(京都大学)
吉川謙一(京都大学)

連携研究者

阿部 健(熊本大学)
上田哲生(京都大学)
大橋久範(東京理科大学)
川口 周(京都大学)
中山 昇(京都大学数理解析研究所)
那須弘和(東海大学)
並河良典(京都大学)
馬 昭平(東京工業大学)

ポスドク

Malte Wandel(京都大学数理解析研究所)

Conference