日本語

[1] The Local Pro-p Grothendieck Conjecture (1997年以前). PDF

[2] Faltingsのp進ホッジ理論、Grothendieck予想、標準的通常曲線の群論的特徴付け (1997年以前). PDF

[3] 通常p進曲線の理論 (1997年以前). PDF

[4] (玉川安騎男氏による三人の)秋季賞の受賞講演 (東京大学 1997年9月). PDF

[5] 代数曲線に関するGrothendieck予想 - p進幾何の視点から (津田塾 1998年10月). PDF

[6] 楕円曲線の比較定理とTheta関数 (東京大学 1999年7月). PDF

[7] 楕円曲線のHodge-Arakelov理論 (京都大学数論合同セミナー 1999年12月). PDF

[8] 楕円曲線のHodge-Arakelov理論における遠アーベル幾何、数論的微分とは何か? (名古屋大学
   2001年11月). PDF

[9] 数論的 log scheme の圏論的表示 (九州大学 2003年7月). 田口さんのノート

[10] 数論的log schemeの圏論的表示から見た楕円曲線の数論 (北海道大学 2003年11月). PDF

[11] 数論的Teichmuller理論入門 (京都大学理学部数学教室 2008年5月).       概要 
   レポート問題 談話会 アブストラクト

[12] 宇宙際タイヒミューラー理論への誘(いざな)い (京都大学数理解析研究所 2012年12月) PDF

[13] 宇宙際タイヒミューラー理論への誘(いざな)い 《拡大版》 (東京大学 2013年06月) PDF

[14] 数論幾何の風景 ― 数の加減乗除から対称性の幾何まで (京都大学2013年11月) PDF

[15] 宇宙際タイヒミューラー理論への誘(いざな)い 《3時間版》 (京都大学数理解析研究所 2014年02月)
   PDF

[16] 宇宙際タイヒミューラー理論への誘(いざな)い 《2+2時間版》 (熊本大学 2014年05月) PDF


                          英語

[1] The Intrinsic Hodge Theory of p-adic Hyperbolic Curves (Oberwolfach 1996年7月). PDF

[2] The Intrinsic Hodge Theory of p-adic Hyperbolic Curves (ICM 98). PDF

[3] The Intrinsic Hodge Theory of p-adic Hyperbolic Curves (奈良 1998年12月). PDF

[4] The Hodge-Arakelov Theory of Elliptic Curves (Berkeley 1999年9月). PDF

[5] The Hodge-Arakelov Theory of Elliptic Curves (Utrecht 2000年6月). PDF

[6] The Hodge-Arakelov Theory of Elliptic Curves (穂高 2000年7月). PDF

[7] A Brief Introduction to Inter-universal Geometry (東京大学 2004年1月). PDF

[8] Categorical Representation of Arithmetic Log Schemes – with Applications to the Arithmetic of
   Elliptic Curves (東京大学 2004年2月). PDF

[9] Anabelian Geometry from an Inter-universal Point of View (京都大学数理解析研究所 2004年9月).
   PDF

[10] Absolute Anabelian Cuspidalizations (京都大学数理解析研究所 2005年2月). PDF

[11] Tempered Anabelian Geometry (広島大学 2005年2月). PDF

[12] A Brief Survey of the Geometry of Categories (岡山大学 2005年5月). PDF

[13] Inter-universal Hodge-Arakelov Theory (京都大学数理解析研究所 2005年12月). PDF

[14] A Survey of Absolute p-adic Anabelian Geometry (京都大学数理解析研究所 2006年11月). PDF


[15] Inter-universal Teichmuller Theory: a Progress Report (京都大学数理解析研究所 2010年10月).
   Abstract PDF

望月新一の出張・講演