京都大学 NLPDE セミナー

京都大学 NLPDE セミナー
Kyoto University NLPDE Seminar

このセミナーは非線形微分方程式を中心に解析の研究に関して討論するセミナーです.

日時
毎週金曜日 Every Friday 15:30 〜 17:30
会場
京都大学 理学研究科 3 号館 251 号室 (会場へのアクセス
Room 251 at Science Building No.3, Kyoto University (map
幹事
堤誉志雄, 前川泰則, 岸本展


次回のセミナーの予定
Upcoming seminar

● 2017 年 6 月 2 日 15:30 〜 17:30
講演者
津川 光太郎 氏 (名古屋大学多元数理科学研究科)
Kotaro Tsugawa (Nagoya University)
講演題目
Ill-posedness of derivative nonlinear Schrödinger equations on the torus
講演要旨
非線形項に 1 階の微分を含む Schrödinger 方程式の周期境界条件下での初期値問題を考え,十分に滑らかな初期値に対して時間局所適切となるための非線形項の必要十分条件を与える. 非適切性の証明においてはゲージ変換とエネルギー法を用いて非線形項が持つ放物型平滑化効果を引き出す点が証明の鍵である. 適切性は標準的な手法により示せるので,本講演では特に非適切性について詳しく説明する.



今後のセミナーの予定
Schedules of future seminars

6 月 2 日
津川 光太郎 氏 (名古屋大学多元数理科学研究科)
Kotaro Tsugawa (Nagoya University)

6 月 16 日
佐川 侑司 氏 (大阪大学理学研究科)
Yuji Sagawa (Osaka University)

6 月 23 日
阿部 健 氏 (大阪市立大学理学研究科)
Ken Abe (Osaka City University)

6 月 30 日
水町 徹 氏 (広島大学理学研究科)
Tetsu Mizumachi (Hiroshima University)