京都大学 NLPDE セミナー

京都大学 NLPDE セミナー
Kyoto University NLPDE Seminar

このセミナーは非線形微分方程式を中心に解析の研究に関して討論するセミナーです.

日時
毎週金曜日 Every Friday 15:30 〜 17:30
会場
京都大学 理学研究科 3 号館 251 号室 (会場へのアクセス
Room 251 at Science Building No.3, Kyoto University (map
幹事
堤誉志雄, 前川泰則, 岸本展, 阿部健, 池田正弘, 山崎陽平


次回のセミナーの予定
Upcoming seminar

● 2016 年 5 月 6 日 15:30 〜 17:30
講演者
眞崎 聡 氏 (大阪大学大学院基礎工学研究科)
Satoshi Masaki (Osaka University)
講演題目
質量劣臨界 NLS 方程式の散乱問題
講演要旨
質量劣臨界 NLS 方程式を重み付き L2 空間の枠組み考える. ここでは,スケール臨界である斉次重み付きノルムにおける解(の線形発展での引き戻し)の時間一様な有界性が散乱のための十分条件であることを紹介する. 証明は背理法による. もし有界な非散乱解が存在したとすると,このような解の集合においてある意味で最小となる解(いわゆる最小爆発解)として,自己相似解を構成することができる. この解について詳細に解析し,その存在を否定する. 一般的には,最小化元として自己相似解以外の可能性も考察する必要があるが,今回の設定では,時間平行移動不変性の崩壊により自己相似解のみが現れる. 本研究は,R. Killip, J. Murphy, M. Visan との共同研究に基づく.


今後のセミナーの予定
Schedules of future seminars

5 月 6 日
眞崎 聡 氏 (大阪大学大学院基礎工学研究科)
Satoshi Masaki (Osaka University)

5 月 13 日
千頭 昇 氏 (東北大学大学院理学研究科)
Noboru Chikami (Tohoku University)

5 月 20 日
足立 匡義 氏 (京都大学大学院人間・環境学研究科)
Tadayoshi Adachi (Kyoto University)

5 月 27 日
(お休み)
(No Seminar)

6 月 3 日
山崎 和壽雄 氏 (ワシントン州立大学)
Kazuo Yamazaki (Washington State University)