京都大学 NLPDE セミナー

京都大学 NLPDE セミナー
Kyoto University NLPDE Seminar

このセミナーは非線形微分方程式を中心に解析の研究に関して討論するセミナーです.

日時
毎週金曜日 Every Friday 15:30 〜 17:30
会場
京都大学 理学研究科 3 号館 251 号室 (会場へのアクセス
Room 251 at Science Building No.3, Kyoto University (map
幹事
堤誉志雄, 中西賢次, 前川泰則, 高棹圭介, 岸本展, 加藤勲


次回のセミナーの予定
Upcoming seminar

● 2019 年 10 月 4 日 (Fri) 15:30 〜 17:30
講演者
大石 健太 氏 (名古屋大学大学院多元数理科学研究科)
Kenta Oishi (Nagoya University)
講演題目
On the R-boundedness for the generalized Stokes resolvent problem in an infinite layer with Neumann boundary condition
講演要旨
本講演では,上面下面共に Neumann 境界条件を伴う層状領域上での一般化 Stokes レゾルベント問題に対する R-有界性を示す. この結果は,上面を Neumann 境界条件,下面を Dirichlet 境界条件とする場合には示されているが,本講演で扱う境界条件では示されていなかった. R-有界性の応用として,上面下面を共に自由境界とした層状領域上で,非圧縮性 Navier-Stokes 方程式の自由境界問題における局所可解性が得られる.



今後のセミナーの予定
Schedules of future seminars

10 月 4 日
大石 健太 氏 (名古屋大学)
Kenta Oishi (Nagoya University)

10 月 11 日
鈴木 政尋 氏 (名古屋工業大学)
Masahiro Suzuki (Nagoya Institute of Technology)