連載中の記事


[1] 石本健太

微生物流体力学への招待生き物の形・流れ・動きを探る

数理科学、サイエンス社

(第1回)微生物の流体力学 20204月号、 682 (2020) 67-74. (website)   (pdf)

(第2回)流体の基礎方程式 20207月号、 685 (2020) 74-81. (website)

(第3回)微生物流体力学の基礎方程式 20209月号、 687 (2020) 66-73. (website)

(第4回)ストークス流れの基礎定理 202010月号、 688 (2020) 65-72. (website)

(第5回)流体中の物体の運動 202012月号、 690 (2020) 72-80. (website)

(第6回)流体中の物体の遊泳 20211月号、 691 (2021) 71-78. (website)

(第7回)パーセルの帆立貝定理 20213月号、 693 (2021) 68-75. (website)

(第8回)流体中の運動と物体の対称性 20214月号、 694 (2021) 73-81. (website)



翻訳・解説・その他の記事


[4] 石本健太

閃きの瞬間(研究の現場から)

白眉センター便り、14 (2018) 12. (website)


[3] E. M. パーセル () 石本健太 (

低レイノルズ数の生き物

物性研究・電子版、6 (2017) 063101. (pdf)

doi: 10.14989/226838


[2] S. チャン () 石本健太 (訳)

なぜかうまくいく粉体抵抗力理論のなぞ

パリティ, 32(5) (2017) 28-31. (website)


[1] 石本健太

ミクロの世界での泳ぎ方ー数理の目で見る精子の旅

Academist Journal、研究コラム(201747日) (website)


プレスリリース等


[2] 「微生物の運動に潜む柔らかな力学メカニズムを解明- バクテリア「独楽」は如何にして廻るか-

20191015 (website)


[1] 「数理の目で見る精子の旅」 

2017324 (website)


取材等


[11] “How do Sperm Swim?”

インタビュー記事・動画が Fluid mechanics blog (Journal of Fluid Mechanics) にて掲載されました (2020119) (website) (YouTube)


[10] 微生物流体力学への招待:生き物の形・流れ・動きを探る

京都大学高大連携事業「京都大学サマープログラム 2020での講演の様子が紹介されました(202092日) (website)


[9] 「流体数理の顕微鏡で生命を見る」

河合塾「みらいぶっく〜学問・大学なび」若手研究者が世界を変える!, 2020820(website)


[8] 「数学の力で生命現象を理解する」

「研究者紹介」インタビューシリーズ・東京大学数理科学研究科, 2019319 (pdf)


[7] “Underwater Snakes, Gusty Flying, and Microswimmers”

Video Series of FYFD/Journal of Fluid Mechanics Collaboration, 2018127 (YouTube)


[6] 日本繁殖生物学会HP「全国研究室マップ」

研究紹介記事が公開されました (2018112) (pdf)


[5] 東大数理アーカイブ・ビデオゲストブック

米田剛さんとの対談が公開されました (201846) (website)


[4] 「生命誕生の陰に「精子の旅」ロマン 数学の方程式で解いた泳ぎ方の謎」

J-CAST201742 (website)


[3] “Kyoto University professor does the math and finds that sperm swim to a beat”

The Japan Times2017324日(25日朝刊3面) (website)


[2] 「生物の神秘に流体力学で切りこみたい」

京都大学広報誌「紅萌」、第26 (2014) 12. (pdf)


[1] 京都大学大学院案内2015 -地球社会の調和ある共存を目指して- 

大学院パンフレットで研究が紹介されました (2014年3月発行) p81. (pdf)


Copyright (c) Kenta Ishimoto, All Rights Reserved.