数理解析研究所の国際共同利用・共同研究拠点事業における共同研究には、下に掲げる5つの種目、およびそれらを組み合わせて行う「訪問滞在型研究」があります。 いずれの共同研究も研究者の方々からの提案を募集 (公募)し、それらの提案を運営委員会において審査して採否を決定しています。 採択・実施された共同研究については報告書を提出していただきます。 また種目に応じて、共同研究結果を「数理解析研究所講究録」や「Kokyuroku Bessatsu」などによって公表することが望まれます。 応募を希望する方は、以下各種目別の公募様式(募集要項と応募書類など)をご参照ください。

訪問滞在型研究
RIMS共同研究(グループ型)
RIMS共同研究(公開型)
RIMS長期研究員
RIMS合宿型セミナー
RIMS総合研究セミナー


訪問滞在型研究

数か月~1年の期間、特定の研究テーマを決め、その分野の指導的研究者の中長期滞在を核として、下の5種類の形態の共同研究を組み合わせて行う国際共同研究プロジェクト。1か月以上滞在する「外国の研究機関に所属する指導的研究者」を複数招へいすることを要件とする。毎年複数の訪問滞在型研究を採択・実施する。実施年の前々年4月中旬頃に募集し、申請者は数人の組織委員会を構成して申請を行う。
本研究計画では、将来の数学・数理科学分野をリードし研究プロジェクトを牽引する研究者の育成を目的とし、数学・数理科学の研究および研究代表者等と協力して国際共同研究の企画・立案・運営に携わる若手研究者を「RIMSプロジェクトフェロー」に推薦することができる。

事業経費

訪問滞在型研究1件あたりの事業経費は上限500万円

選考方法

提案された研究計画については、運営委員会で審査のうえ、採否等を決定します。

共同研究で使用するセミナー室

本研究所では、共同研究の会場として420室、111室及び予備室として110室と総合研究15号館201室の4部屋を提供しています。

共同研究の会場設備

新型コロナウイルスに関するRIMS共同研究の対応について

オンライン共同研究の詳細はウェブサイトの「新型コロナウイルスに関するRIMS共同研究の対応について」をご参照ください。
新型コロナウイルスに関するRIMS共同研究の対応について

研究代表者の方へ

研究代表者になられた方は、こちらをご覧ください。
研究代表者の方へ

公募様式(訪問滞在型研究)

  国内公募 International Call
for proposals
2022年度
(AY2022)
公募終了
closed
電子申請フォーム
Web Submission
(closed)   (closed)  
募集要項
Guidelines for Grant Proposal
PDF   PDF  
これまでの訪問滞在型研究・プロジェクト研究題目 PDF  
提案書
Application form for proposal
PDF WORD PDF WORD
RIMSプロジェクトフェロー推薦要項
Guidelines for Recommendation for RIMS Project Fellow
PDF   PDF  
RIMSプロジェクトフェロー推薦書
Recommendation form for RIMS Project Fellow
PDF WORD PDF WORD
運営委員名簿 PDF  

← BACK TO THE TOP

  • Follow on

Research Institute for Mathematical Sciences (RIMS)