大学院教育と入試案内


京都大学数理解析研究所は、 自由な思想に基づく研究活動を活発に進めると同時に、 修士課程および博士課程の大学院教育(京都大学大学院理学研究科 数学・数理解析専攻 数理解析系)に携わり、 独創的な若い研究者の育成をめざしている。 当研究所は国の内外との交流も盛んで、 平成15年度よりは文部科学省21世紀COE、 平成20年度よりは文部科学省グローバルCOEのそれぞれ拠点の1つに選ばれ、 数理科学(純粋および応用数学、コンピュータ・サイエンス、数理物理) を研究するための理想的環境が整っている。

数学・数理解析専攻の数理解析系では、 数学・数理科学の進歩を担う独創的な研究者の育成を目指している。 そのため、修士課程(博士前期課程)および博士後期課程学生として、 以下のような出願者を期待する。

修士課程学生としては、


 (1) 優れた数学的素養と思考能力を有する人。
 (2) 自由な発想に基づき、粘り強く問題解決を試みる人。

博士後期課程学生としては、更に加えて


 (3) 将来の研究者として自立した研究を進めていく基礎を有する人。

大学院入試情報

修士課程学生募集 10月入学博士後期課程学生募集 大学院入試・博士後期課程「平成27年度博士後期課程学生募集」

大学院