ご挨拶

数理解析研究所は、数理解析に関する総合的研究を行う全国共同利用研究所として、昭和38年に設立されました。数学は、いうまでもなく人類の文明の最深部に位置して科学全体の基盤をなしている重要な基礎的学問分野です。一方、数理科学は、諸科学に生じる問題を数学を用いて解決しようとする分野です。ニュートンが微分・積分学を創始した17世紀以来、数学はこのインターフェースを通じて広く諸科学や産業の技術に重要な手法を提供し続けてきました。この役割は、コンピュータとネットワークの発展や産業・社会の変化の中でますます大きくなっています。

一般にはあまり意識されていませんが、純粋数学は、科学技術としても計り知れない役割を果たしています。例を挙げると、数値天気予報、MRI、CTスキャンなどでは解析学が使われています。また、現代生活の基礎になっている、通信ネットワークも例外ではありません。ノイズがつきものの環境で通話・通信するための符号理論や、ネットでの支払などで活躍する認証理論では、代数学が使われています。他分野の科学研究においても同様です。相対性理論で時空を記述したり、DNAなどの環状高分子の結び目型を記述するには幾何学が使われます。さらには、カーナビやプリント基板設計には、別の新しい分野の数学が使われます。これらの数学を理工学や実社会に適用する際に活躍するのが数理科学です。したがって、数学と数理科学は密接に関連しあった学問分野であり、一体として推進すべきだと我々は考えています。

本研究所では設立以来、数学と数理科学(応用数学、コンピュータサイエンス、数理物理学など)の各分野における最先端を行く研究をつうじてこの役割の一端をになってきました。学術としての数学研究においても日本随一の貢献を続けてきています。さらに、平成11年度の基礎数理、無限解析、応用数理の3大部門制への改組、平成16年度に整備した計算機構研究施設によって、 より柔軟な研究体制のもとで研究を推進するとともに、第一線で活躍する研究者を世に送り出しています。

本研究所は、全国の数学・数理科学の研究者達の協力のもとに、毎年80件以上のRIMS研究集会等を開催し、その参加者数は4,000人超、延べ16,000人に上ります。また、これとは別に毎年特定のテーマで国際プロジェクト研究が企画され、短長期合わせて毎年300人以上の外国人研究者が来訪し、国際共同研究を推進しています。平成15年度からは21世紀COEプロジェクト拠点、平成20年度からはグローバルCOEに選ばれ、さらに平成22年度からは共同利用・共同研究拠点としての事業を開始し、本研究所は国内的にも国際的にも卓越した研究拠点として中心的役割を果たしています。

21世紀の数学並びに数理科学のさらなる発展が本研究所から生みだされるべく、所員一同、より一層の努力を積み重ねていく所存です。関係各位には今後ますますのご支援をお願いする次第です。